フィナステリド含有薬のプロペシアとはどんな薬か

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として代表的なものの一つに「プロペシア」と呼ばれるものがあります。これは旧万有製薬が2005(平成17)年に発売した内服タイプの医薬品で、2010(平成22)年にアメリカの医薬品メーカーとの事業統合でMSD社となって以降も製造・販売が続けられています。テレビCMで「飲む育毛剤」として紹介され、口コミでも評判の高いプロペシアとは、一体どのような医薬品なのでしょうか。

 

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれる物質で、服用することでAGAの症状の進行を遅延させる効果があります。AGAの症状の進行は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの働きが原因の一つである考えられています。ジヒドロテストステロンは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合して生成されるものです。テストステロンは筋肉や骨格の増強などの作用があり、ジヒドロテストステロンは体毛の発毛や男性器の発達などの作用があります。どちらの男性ホルモンも男性がより男性らしく発達するために重要なものですが、ジヒドロテストステロンの量が多くなりすぎると薄毛の進行と性欲減退が促進されていきます。

 
フィナステリドが体内に取り込まれると、5αリダクターゼの働きが阻害されてテストステロンとの結合が抑制されます。これによって、ジヒドロテストステロンの生成が抑制され、AGAの症状の進行を遅らせることができます。投与による効果は早い人は3ヶ月程度で出始めます。MSD社では投与の効果が十分に確認できるまで少なくとも6ヶ月間の連日投与が必要であるとしています。
また、プロペシアを服用すると性欲減退や勃起不全、肝機能障害などの副作用があらわれることがあります。そのため、医療機関によっては血液検査により肝機能が正常であることが確認されなければプロペシアが処方されないことがあるので注意が必要です。

 
日本国内で製造・販売されているプロペシアは0.2mg錠と1.0mg錠の2種類です。含有量による作用の強さに違いはあまりありませんが、含有量が少ないほうがより副作用発現のリスクが少ないです。値段は1錠あたり250~350円で、1ヶ月分(28錠)だと7,000~10,000円程度になります。

 

 

プロペシアは上記のような働きから5α還元酵素阻害薬と分類されており、効果を実感するには長期間、断続的に服用することが必要となります。自己判断で服用を中断すると、再びAGAの症状が進行しだす可能性が大きいので、1日1回1錠の用法・用量は必ず守りましょう。

フィナステリド配合の薄毛治療薬とは違う有効成分のアボダートとは

薄毛治療では薬を使った治療が多く行なわれていますが、医療機関で提供されているのはフィナステリドが有効成分のプロペシアが有名な存在です。もともとは前立腺肥大症などの症状の改善に使われていた薬で服用した人に毛が増える効果が見られたことから薄毛治療にも活用されるようになりました。1日1mgを毎日服用することで効果をあげていきます。そして高い効果を期待することができる薬ですが、やはり薄毛治療の場合には保険適用がされないこともあり、費用はどうしても高くなりがちです。ジェネリック医薬品があると同じ有効成分で同じような効果効能が得られる薬をより安く購入することができますが、日本ではまだそうした薬は販売されていません。

 

 

日本では薄毛治療のジェネリック医薬品はまだ販売されていませんが、海外では同じ成分でより低価格な薄毛治療薬が様々な種類のものが販売されています。そして、こうした薬はまだ日本では認可されていませんので、医療機関やドラッグストアでは販売されていませんが、入手することはできます。その入手方法は海外医薬品の個人輸入という形で行なわれており、インターネットで代行業者を通じて購入すると^特に輸入の知識がない人にも簡単に購入手続きを行うことができます。薄毛治療用の医薬品も様々な種類が出ていますので、それぞれの特徴や違いをよく比較しておきましょう。海外医薬品も多くの種類がありますが、口コミで話題の薬ひとつにアボダートがあげられます。

 

 

アボダートとはどんな薬なのかということとなりますが、こちらはGlaxoSmithKline社が製造販売している薬です。主成分はフィナステリドではなくデュタステリドです。一錠にデュタステリドを0.5mg含んでいます。もともと前立腺肥大症の治療薬としてアメリカのFDAの認可を受けています。この薬は体内で男性ホルモンのテストステロンがジヒドロステロンに変化するのを防ぎ、脱毛を抑える効果を期待することができます。値段についてもプロペシアより安く抑えられており、より強力な効果が得られると話題となっています。副作用やリスクについても知っておきたいですが、副作用では性機能の低下などがあるとされており、長く薬を使うと耐性がついてしまい、より多くの薬が必要となる場合もあるとされています。薬をやめてしまうと薄毛が進行する可能性もあるとされており使用前にはそのリスクについてもよく確認しておくことが大切です。

フィナステリド含有薬プロスカーのジェネリックであるフィンカーとは

フィンカーとはCipla社が製造している医薬品で、MERK SHARP &DOHME社が製造しているプロスカーのジェネリックとして位置づけられている製品ですが、フィンカーには具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

フィンカーは内服タイプの医薬品であり、服用すると有効成分であるフィナステリドの5α還元酵素阻害作用によって、肥大化した前立腺を縮小させる効果と、AGA(男性型脱毛症)の症状の進行を遅延させる効果が得られます。5α還元酵素は男性ホルモンの一種であるテストステロンと結合して、別の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。このDHTは、前立腺に作用することによって前立腺を肥大化させ、毛乳頭内の受容体と結合すると毛母細胞の働きを弱めて髪を抜けやすくさせます。これらが進行すると、やがて前立腺肥大症やAGAの発症に至ります。
前立腺肥大症の患者とAGAの患者に5α還元酵素阻害薬を投与すると、テストステロンと5α還元酵素が結合されにくくなり、DHTの産生が抑制されます。長期間連日服用することで、肥大化した前立腺は徐々に小さくなっていき、AGAの進行も少しずつ抑えられていきます。フィンカーを服用する際に注意しなければならないのは用量です。フィンカーの錠剤にはフィナステリドが5.0mg含有されています。これは前立腺肥大症の治療が目的であれば十分な量ですが、AGAの治療が目的であれば多すぎる量です。AGAの治療が目的の場合の服用量の限度は1日1.0mgです。AGA患者がフィンカーを服用する場合は、ピルカッターを使って錠剤を丁寧に4~5等分して服用しましょう。

 
フィンカーとプロスカーの大きな違いは値段であり、これが口コミで評判となっている理由の一つにもなっています。プロスカーの価格は1ヶ月分(28錠分1箱)で3,800~7,000円程度が相場となっているのに対し、フィンカーの1ヶ月分(30錠分1箱)の価格は2,100~3,500円程度が相場となっています。

 

 

フィンカーは日本国内で製造・販売されている5α還元酵素阻害薬より強力であるだけでなく、販売価格も手頃で手に入れやすいです。しかし、日本では未認可の医薬品であるため、入手方法は個人輸入のみに限定されます。作用が強力である医薬品の多くは副作用が発症する可能性も高く、フィンカーも例外ではありません。フィンカーを個人輸入する場合は、個人輸入により生じるリスクを負いきれるかどうかを十分に検討した上で行うようにしましょう。

外国製のフィナステリド含有薬であるプロスカーとはどんな医薬品か

プロスカーとはMERK SHARP &DOHME社が製造している医薬品であり、AGA(男性型脱毛症)と前立腺肥大症に効果がある製品として口コミで評判となっていますが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。プロスカーの薬効は、有効成分であるフィナステリドの作用によるものです。この物質は体内で5α還元酵素を阻害する作用があることから、プロスカーなどは5α還元酵素阻害薬と分類されています。5α還元酵素はテストステロンと呼ばれる物質と結合して、ジヒドロテストステロンと呼ばれる別の物質に変換されます。ジヒドロテストステロンには男性器の発達と関係があり、前立腺に作用すると前立腺が大きくなっていきます。また、脱毛の促進と関係があり、毛乳頭にある受容体と結合して毛母細胞の活動を妨げます。ジヒドロテストステロンがAGAと前立腺肥大症の原因と考えられているのはこのためです。

 

 

5α還元酵素阻害薬を体内に取り込むと、ジヒドロテストステロンの生成が抑制され、AGAの患者は症状の進行を遅らせることができ、前立腺肥大症の患者は肥大化した前立腺を縮小させることができます。ただし、効果を実感するには長期間連日服用しなければなりません。特にAGAの患者が服用する場合、効果が現れた後も効果を維持するためには服用を継続しなければなりません。効果が出たからといって服用をやめてしまうと、再び症状が進行し始めるので注意が必要です。

 
プロスカーの値段は1箱28錠タイプで3,800~7,000円が相場となっています。同じ5α還元酵素阻害薬であるプロペシアは日本国内正規品だと28錠分で7,000~10,000円程度が相場となっており、プロスカーはプロペシアと比較すると安く手に入れることができます。プロスカーとプロペシアの大きな違いは、プロスカーの錠剤にフィナステリドがプロペシアの5倍となる5.0mg含有されていることです。AGAの治療を目的に使用する場合は1日の服用量は1.0mgが限度とされているため、AGA患者がプロスカーを服用する場合はピルカッターなどを使って錠剤を分割しましょう。

 

 

プロスカーはプロペシアより強力な5α還元酵素阻害薬であり、プロペシアより安い価格で手にすることができる医薬品です。しかし、日本では前立腺肥大症の治療薬としても、AGAの治療薬としても認可されていないため、手に入れるには個人輸入する必要があります。作用が強力であるプロスカーは、副作用が発症する可能性も高いです。個人輸入をすることによるリスクを負いたくないのであれば、医療機関で前立腺肥大症やAGAの治療薬を処方してもらいましょう。なお、プロスカーにはフィンカーと呼ばれるジェネリック医薬品がありますが、こちらも日本では認可されていません。プロスカーではなくフィンカーを手に入れることを考えている場合はプロスカーと同様の点に注意が必要です。

外国製フィナステリド含有薬のフィンペシアとは

AGA(男性型脱毛症)の治療が可能な育毛剤にはたくさんの種類があります。その中の一つである「フィンペシア」は、インドの製薬メーカーであるCipla社が製造・販売している医薬品で、プロペシアのジェネリックとして位置づけられる医薬品の一つとして口コミでは評判となっています。このようなフィンペシアとは、いったいどのような薬なのでしょうか。

 

 

フィンペシアの薬効はプロペシアと同じで、服用することによってAGAの症状の進行を遅らせます。この効果は有効成分であるフィナステリドの作用によってもたらされるものです。この物質は体内で5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素を阻害する作用があります。この5αリダクターゼは、テストステロンという男性ホルモンと結合してジヒドロテストステロンという別の男性ホルモンを作り出します。ジヒドロテストステロンは体毛を濃くする作用や、男性器の発達を促進する作用がある一方で、性欲減退や脱毛促進の作用もあります。ジヒドロテストステロンは身体の発達にとって重要な男性ホルモンですが、過剰に生成されるとAGAの症状である薄毛が進行しやすくなります。つまり、フィナステリドのAGAの症状進行の遅延効果は5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンの生成量を制御することによってもたらされるというわけです。

 
フィンペシアは抗ウイルス薬などとは違い、長期間断続的に服用を続けることによって効果を実感することができます。はっきり効果がわかるまでの期間は個人差がありますが、服用した人の殆どは3~6ヶ月程度で効果を実感しています。フィンペシアが口コミで評判となっている理由は薬価の面にもあります。フィンペシアにはプロペシアと同様に0.2mg錠と1.0mg錠の2種類がありますが、プロペシアは1ヶ月分(28錠)の値段が7,000~10,000円程度なのに対して、ジェネリックであるフィンペシアは1箱30錠タイプで2,100~3,500円程度と安価で手に入れることができます。

 

 

フィンペシアはプロペシアと同等の効果を安い価格で得ることができます。しかし、日本国内では認可されていない医薬品であるため、店頭で手に入れることはできず、通販サイトなどから個人輸入して手に入れることになります。個人輸入をする場合は、副作用などのあらゆるリスクは全て自己責任となるので、リスクを負うのを不安に感じているのならば、医療機関で診察を受けてプロペシアを処方してもらいましょう。